HOME>THE HOBBY LIFE!>フリーボード活用術!

自由空間を華やかに彩る フリーボード活用術!

活用術「カラーボックスを取りつけよう!」

安くて、すぐ手に入るカラーボックスをフリーボードに取り付けてみました。
DIYはちょっと苦手・・・という方も市販のカラーボックスや文庫本棚を活用することで、カンタンにガレージ壁に棚を作ることが出来ます。

フリーボードとは

フリーボードとは、ライゼホビーに装備されている 「ビス打ちOK等、簡単な加工ができる壁」です。
コンテンツでは、写真や、ラックを取りつけるだけでなく様々な活用方法を提案いたします。
その中でもオススメの活用方法がありますので、あなたのホビーライフに取り入れてみてください。

手順

1市販のカラーボックスを用意

ここでは文庫本棚タイプを用意しましたが、
一般的なカラーボックスタイプでも同じ要領で棚をつくることが可能です。

イメージ

2背板の補強

カラーボックスをそのまま壁に付けるだけでは弱いので、背板を補強しましょう。
裏に貼る12mmのベニヤ板を用意して、実際に裏に当ててみて外形を鉛筆でマークし、それに合わせてカットします。

ベニヤ板はコンパネとも言われてます。
ホームセンターで購入する時に加工コーナーで寸法を指定してカットしてもらうことも出来ます。(1カット30円程度)

イメージ
イメージ

3採寸

裏貼りのベニヤ板とカラーボックスの背板の隙間に木材を入れるためにサイズを測ります。
今回隙間は12mmぐらいだったので、同じベニヤ板を使うことにします。

イメージ
イメージ

4隙間貼り用ベニヤ板のカット

隙間貼り用のベニヤ板をカットします。
カラーボックスの両脇、段数に合わせて、
今回は8枚用意します。
ビス留めする部分を支えるだけですので、
幅は10cm程度あれば十分でしょう。
(曲がっても隠れるし、幅広くなってもOKですが、重くはなります。)

※木材カットは材料購入の際にホームセンターで頼むと手間がありません。(1カット30円程度)

イメージ

5カットしたベニヤ板の貼り付け

小さくカットした板にそれぞれ木工用ボンドを塗ってカラーボックス背板に貼り付けます。

イメージ
イメージ

6補強

(2)で用意した裏貼り用の板をさらに重ねてビス留めします。
今回は四隅と各辺の中間に計8箇所、カラーボックスの側板めがけてビス打ちしました。

イメージ
イメージ

7背板などの加工が終了

背板などの加工が終わった状態です。
カラーボックス自体も補強されてしっかりとした感じになりました。

イメージ

8カラーボックスをフリーボードへ固定

補強済みのカラーボックスをフリーボードに固定していきましょう。板が追加されて重くなっているので、しっかり持ちながらまず右上にビスを打ちます。
脚立の上に置いてビス打ちすると一人でも安心です。
※隙間貼りした裏板に当たるように、ビスを打つ場所を調整することがポイントです。

左上にビスを打つ時には、棚に水平器を置いて、水平を確かめながら固定するようにしましょう。

イメージ
イメージ

9目立たないように打つのがポイントです

右下、左下にも同じようにビス打ちしていきます。
※ビスが目立たないように棚の真下めがけて打つのがポイントです。
(右の写真は、背板と隙間板の状態がわかりやすい様にカットしたものです)

イメージ

10完成

計4箇所ビス留めすれば完成です!
フリーボードにカラーボックスの白色が映えて、ライゼホビーの内装にもぴったり。
かなりしっかりとしているので、写真の様に鉄アレイなど重量物だって置けちゃいます。
カッコ良く、ディスプレイを楽しみながら収納に大活躍すること間違いナシ!

イメージ